ポートフォリオ

スマートフォンを持つ手

金融資産の本体となるのは現金ですが、一定量の現金を手元に保管しておく、ということは、安全性などの点から、あまり現実的ではありません。
そこで、銀行などへの預貯金を行うことになるのです。
旧来では、預貯金によって、ある程度の利子収入を期待することが出来たのですが、最近のような低利率の状況では、ある程度の預貯金があっても、収入といえるほどの利子を期待することは出来ません。
もちろん、単に安全に保管するという点からのみ考えれば、保管料がかかるわけではないので問題はないということも出来ます。
しかし、消極的であれ、まとまった現金から派生的な収入があるに越したことはありません。
そこで、資産運用の方法を検討することになるのです。

金融資産の本体となるのは現金ですが、一定量の現金を手元に保管しておく、ということは、安全性などの点から、あまり現実的ではありません。
そこで、銀行などへの預貯金を行うことになるのです。
旧来では、預貯金によって、ある程度の利子収入を期待することが出来たのですが、最近のような低利率の状況では、ある程度の預貯金があっても、収入といえるほどの利子を期待することは出来ません。
もちろん、単に安全に保管するという点からのみ考えれば、保管料がかかるわけではないので問題はないということも出来ます。
しかし、消極的であれ、まとまった現金から派生的な収入があるに越したことはありません。
そこで、資産運用の方法を検討することになるのです。

金融資産の本体となるのは現金ですが、一定量の現金を手元に保管しておく、ということは、安全性などの点から、あまり現実的ではありません。
そこで、銀行などへの預貯金を行うことになるのです。
旧来では、預貯金によって、ある程度の利子収入を期待することが出来たのですが、最近のような低利率の状況では、ある程度の預貯金があっても、収入といえるほどの利子を期待することは出来ません。
もちろん、単に安全に保管するという点からのみ考えれば、保管料がかかるわけではないので問題はないということも出来ます。
しかし、消極的であれ、まとまった現金から派生的な収入があるに越したことはありません。
そこで、資産運用の方法を検討することになるのです。

金融資産の本体となるのは現金ですが、一定量の現金を手元に保管しておく、ということは、安全性などの点から、あまり現実的ではありません。
そこで、銀行などへの預貯金を行うことになるのです。
旧来では、預貯金によって、ある程度の利子収入を期待することが出来たのですが、最近のような低利率の状況では、ある程度の預貯金があっても、収入といえるほどの利子を期待することは出来ません。
もちろん、単に安全に保管するという点からのみ考えれば、保管料がかかるわけではないので問題はないということも出来ます。
しかし、消極的であれ、まとまった現金から派生的な収入があるに越したことはありません。
そこで、資産運用の方法を検討することになるのです。

金融資産の本体となるのは現金ですが、一定量の現金を手元に保管しておく、ということは、安全性などの点から、あまり現実的ではありません。
そこで、銀行などへの預貯金を行うことになるのです。
旧来では、預貯金によって、ある程度の利子収入を期待することが出来たのですが、最近のような低利率の状況では、ある程度の預貯金があっても、収入といえるほどの利子を期待することは出来ません。
もちろん、単に安全に保管するという点からのみ考えれば、保管料がかかるわけではないので問題はないということも出来ます。
しかし、消極的であれ、まとまった現金から派生的な収入があるに越したことはありません。
そこで、資産運用の方法を検討することになるのです。